保育士

四年間しっかり学べば

共働き世代が増加している現代では、保育園に人気が集中しています。それゆえに保育士の需要も高まっています。そんな保育士の資格を得る方法はいろいろあります。四年大学を卒業するこことで資格を得る場合、他の方法にはないメリットも多くあるために注目されています。

勉強する人

ビジネスをスムーズに

ビジネスを円滑に行う上で、マネジメントに関する資格を所有していると有利に働くことがあります。とくにある程度の年齢で上司として部下を持つ場合や、転職の際などのステップアップを実施するにはマネジメントスキルがあればアピールに繋がるとして注目されています。

人気の資格に挑戦する

メンズ

法律全般の知識が必要

行政書士は、官公署に提出する書類や個人・法人の権利義務及び事実証明に関する書類の作成代理を主な業とする専門職です。具体的には、国や自治体などに対する各種の届出書や申請書、私人同士で取り交わされる契約書や協議書、証書などがその対象となります。こうした書類は、正しい書式や内容を備えていないと、法律上無効になったり、第三者に対抗できなかったりします。そのため行政書士は、法令に関する幅広い知識を身につけている必要があります。行政書士になるための国家試験は、毎年1回実施されています。応用範囲の広い資格であり、有資格者は一般企業などでも歓迎されることから、非常に人気の高い資格となっています。合格率もおおむね5〜10%とかなりの難関であり、合格を目指すにはしっかりした学習が必要となります。行政書士試験を受験するために必要な学習期間は人それぞれですが、多くの資格スクールにおける標準的な受験対策講座を見ると、おおむね6か月間の学習期間を設けています。したがって、仮に独習する場合でも、これを目安に学習期間を設定するのが適当です。行政書士試験では、憲法・民法・行政法・商法・会社法などさまざまな法律に関する知識を問う問題が出題されます。またこれ以外の労働関連法や税法なども一般知識として出題されるケースがあります。そのため、学習期間中は法令全般に対する勉強をまんべんなく行う必要があります。ただ、過去の出題傾向からすると民法と行政法のボリュームが非常に多いため、この2つに対して重点的に時間を割くようにします。

複数の人

将来のために役立つスキル

ビジネス系の資格を取得するなら、専門のスクールに入学しましょう。スクールに通えば、経験豊富な講師陣から指導を受けることができるので、より早く確実にステップアップすることができます。また、独学とは違い、多くの人と接することで人脈を広げることができるのも大きな魅力です。