四年間しっかり学べば

保育士

保育のプロになるならば

保育士の資格を取得する方法として、独学で資格試験に合格する方法があります。その他だと保育に関する専門的な知識や技術を学べる学校を卒業するという方法があります。その中でもメジャーなところでは保育課のある短大を卒業する方法があり、この場合は保育園で率先力として活躍できるために早く現場に出たい場合には最適です。しかし最近はこうした短大や、それと同じく二年もしくは三年ほど学ぶ専門学校を卒業する以外にも、四年間学ぶ大学を卒業することで保育士になるという方法にも脚光が集まる傾向にあります。大学を卒業すれば、やはり四年大学卒という肩書があるため、就職に有利になります。また、就職先となる保育園でも短大や専門学校卒の場合より、給料面で少し優遇される可能性が高いという利点があります。また将来的には保育園の責任者でもある園長になれる可能性がある保育士も、基本的に大学を卒業している保育士であるケースが多いです。さらに保育園以外にも、保育関連の施設や子供に関するサービスを提供する一般企業など、就職先のバリエーションが多いことも大学卒ならではの特徴です。これは短大や専門学校と異なり、学ぶにも四年間という長さがあります。また、一般的な知識だけでなくより広範囲の知識はもちろん、それに関係する事柄や情報など深い部分にも接することもあり、知識が豊富であるためです。さらに二年間の短大や専門学校よりも時間の余裕があるため、サークル活動に参加するなどの一般的なキャンパスライフを楽しむことも可能です。